人工歯根を埋め込む手術

歯科衛生士

堺市でも選ぶ人が増えている治療法の一つがインプラントで、歯をなんらかの理由によって失ってしまったりしたときに利用できるものです。人工歯根を手術によって埋め込むものなので、歯が1本ずつ独立した形になるので、非常に自然な仕上がりとなるのが魅力とされています。従来おこなわれてきた入れ歯やブリッジよりも自然なので、審美面を重視した治療として現在選ばれている状態となっています。ただあくまでもまだ審美面を重視した治療という扱いになっているので、基本的には健康保険は適用されないため、全額自費での治療ということになります。またどのような口内環境でもこの治療法を選ぶことができるわけではないので、もし口内環境がこの手術に適していない場合は、まずは口内環境を正常にしてからインプラント治療に進みます。数年前まではインプラントというと結構珍しい治療法だったので、治療を受けることができる歯科医院もかなり限られていました。しかし今ではその治療を受けることができる歯科医院も増えており、全国各地でこの治療を選ぶことができるようになっている状態です。そのため、自分が住んでいる生活圏の中でも対応している歯科医院を見つけやすくなっているので、以前よりもよりインプラント治療を受けやすい環境ができてきています。したがって、見た目の自然さ、噛む力の強さ、治療の受けやすさなどから、以前と比べてインプラントを選ぶ人も増えてきています。

術後の注意点

インプラント

インプラントは手術で人工歯根を埋め込みますが、その人工歯根は骨としっかりと結合した状態になります。ただもともと生えていた歯と比べると、粘膜との結合力には少し劣った状態になってしまうので、天然の歯よりも感染症を発症しやすい可能性が出てきます。なるべく口内環境を良くしておく必要があるので、堺市でインプラントを受けるときも、術後はしっかりと歯磨きをして、なるべく口内を綺麗な環境で保つように気をつけます。また歯磨きをしっかりするだけでなく定期的に歯科医院に行って口内環境を見てもらうことで、術後の良い状態を長期的に維持しやすくなります。

メンテナンスが必要

インプラント

インプラント治療を堺市で受けた場合も、術後は必ず定期的にメンテナンスを受けるようにするというのが、インプラントをしたときに気をつけておきたいことです。基本的にはしっかりと 口内環境を綺麗にしておけば問題が起きるリスクが低くなりますが、全く問題が起きないとは限りません。その際に定期的に歯科医院でメンテナンスを受けていれば、問題の早期発見にも繋がり、重症化を防ぐことができるからです。そのため、日頃のケアもしっかりとおこなうべきですが、医師に指示されたように定期的に歯科医院に通って口内の状態を診てもらうように気をつけます。

広告募集中